大手町温泉 それから キャリアップ目的の看護師転職もあり

看護師転職のキャリアアップのススメみやき町立図書館
私は医師として病院に勤務しています。
そのため、転職をする看護師については、結構な数目撃しています。

ここのところ最近は看護師はどの介護施設でも福祉施設でも老健施設でも病院でも、途轍もない大人気の職業です。
と言うのも、厚生労働省が、看護師がたくさん働いている病院に対して、高額の診療報酬を給付する取決めを推し進めたいきさつがあるのも一因です。現在は、そのやり方も過渡期を迎えていますが、どの病院でも看護師を多量に求人をうたっている状況に変化がありません。

それならば、看護師の転職の折には、どのようなポイントを考慮しなければならないでしょうか。
考える主眼点としては、人間関係、勤務体系、給料、福利厚生などが列挙できます。

最初は給料ですが、どの病院でも老健施設でも福祉施設でも介護施設でも、はなはだ良い条件を提示されています。しかし、現実問題介護施設では、残業がつかないことや、基本給の上昇がされないことも、知人の話からは多いようで、チェックが必要です。

では続いて福利厚生ですが、病院や介護施設や福祉施設や老健施設では、有給休暇が残っているにもかかわらず使えないと聞きます。にもかかわらず労働基準監督所のチェックをうまく回避するように細工されているため、外部からは知る方法が無いようです。

さて続いては人間関係です。病院とはいえ、看護師同士のいじめがあると言われます。私の病院、妻の病院の両方でもいじめ自体があった過去があります。
仕事をこなすスピードが遅い看護師が一人でもいたら、なんとなく陰鬱とした環境に変質してしまうようで、それも就職したから初めて発見できることが多いようです。

さて最後に、勤務形態です。
私が勤務する病院では、3交替制から2交替制にシフトしていっており、その方が通勤の時間を無駄にせず働くことができるのですが、一方で、集中力低下から、ケアレスミスを起こす危険性はらむことになります。

このようなデメリットを看護協会などで出来るだけたくさんキャッチして、看護師転職についてシッカリ考える必要があります。
自分が想いはせる好条件環境というのはそんなにはないので、何も考えず転職するのではなく、1つの職場に留め置くのも重要なことだと思います。

この投稿は2016年5月2日に公開されました。